2006/12/12

富田薫 個展「Wooden」

昨日、忙しい1号の仕事の合間を縫って、
ギャラリー上原 / 富田薫 個展「Wooden」に行ってきた。

富田さんとは8年前の個展以来だ。
前回も素適だったが、今回の個展も素晴らしい。

骨太だ。相変わらず魂の手仕事だ。

以前一度だけ「富士通TEO」のお仕事でご一緒したのだが、
その時に工房(アトリエ)に伺った時は何とワクワクした事か。
他のお仕事の製作中のものも見せてもらったが、
ちみちみしてて、精巧で、何ともかわいいのだ。

また、その風貌、雰囲気にすっかりファンになってしまった。
会った回数は少ないのだけど、なぜかワタシは勝手になついているのだ。

お近くの方や興味のある方は是非!
http://www.handsome.jp/

富田薫プロフィール
1964年、東京生まれ。
84年頃より美術造形の仕事を始める。
88年、独立。
以後、広告デザイン、音楽など多方面にわたり造形の仕事を手がける。
98年、初個展、「HandSome」、02年『SHAPER'S HIGH』を出版。
03年より「HandSomeWorks」を立ち上げ、
オリジナル作品を、広く一般の人に届くように展開中。

2006/12/02

現実から目を背ける

事務所移転終了。
が、片付けはこれからだ。
山積みになったダンボールを目の前にして、1号2号ともすでに筋肉痛だ。
むろん、引越し屋さんが頑張ってくれたのだが、事前の準備だけで身体はボロボロ。

あー、現実から目を背けたい。
魔法みたいに勝手にダンボールが片付かないかしら、、、。
小人の靴屋さん現れないかしら、、、。

温泉楽しかったな、、、。
 
 
明日から頑張りまーす!