2007/06/26

休日通信…後日談

奥多摩から帰った翌日、部長カノン号の左目の縁にポチッと小さな出来物を発見!
そう言えば、随分とはしゃいで鬱蒼とした草だらけの土手を駆け下りたり、
大きな岩の下に顔を突っ込んだりとすっかり野生犬になっていたから、
どこかで傷でも作ったかなーと思っていた。
ほんのゴマ粒くらいの小さなものだし、ま、しばらくは様子を見てみましょと思っていた。
  
翌日…直るわけでもなく、かといって小さくなっているわけでもないぞ。
その翌日…あれ?ほんの少し大きくなってる?気のせいかしら?
その翌日…やっぱり、大きくなってる!!ゴマ粒から米粒小ぐらいなってる!

何かおかしい!悪い出来物だったら大変だ!!
急いですぐに行きつけの野村獣医科へ。

パッと見た時に女医の先生「あらー、何か出来ちゃったねー。」

ワタシ「先日、奥多摩に行き渓谷で遊んできまして、その翌日から何か出来てるんです。
もしかして、どこかで引っ掻いたのかも知れません。」

先生「あらー、遊んできたのー。喜んだでしょー!」

ワタシ「はあ、それはもう。ところで、きっ、切り取るんですか??」

先生「大丈夫よ。ピッピッって三角に切って取るだけだから。」

ワタシ「えーーーーーー!!!」

先生「ま、ちょっと見せて。」
「あれ?これって…………ダニじゃない?

ワタシ「キャーーーーッ!!!」

先生「ちょっと、待ってね。」
消毒液で湿らせた脱脂綿でフキフキ。

先生「ほらぁ、足あるもの。」

ワタシ カノンを押さえつつもジーーーッと見る。
足だ。確かに足が動いている。
「ギャーーーーッ!!!」もう全身、鳥肌だ。

部長はそんなものに喰いつかれたまま5日間を過ごした事になる。
本人は全く気にする素振りなんか無かったのに…。
可哀想すぎる。

先生は消毒液でなんとかダニを酔っ払わせようとしている。
でも、ダニっていうのは強いあごでがっちり噛み付き
頭部が皮膚に食い込んでいて、そう簡単には取れないらしい。
外に出ているお腹の部分をピンセットで力任せに引っ張ると、
頭部だけが皮膚に取り残され、その後に腫れたりするので、
注意深く診療に当たってくれている。

外では大人しいカノン号も目のまわりをムニュムニュされたり、
長い間押さえつけられているので、むずがっている。

注意深くやりながらも、お腹部分は取れてしまい、
やっぱり頭部の先が皮膚に棘のように残ってしまった。

それをピンセットの先で何度も何度も取り除こうとするが
小さすぎて中々うまくいかない。 やっとの事で、除去成功。

すぐにノミ・ダニ予防のお薬を背中にたらしてもらい、予備にも購入。
遊びに行く前にそうしておけば良かった。反省しきり。
ごめんね、部長。

あーー、恐ろしい。
今後しばらくは思い出すたびに鳥肌が立つだろう。


部長の行っているこの病院は、正しくは野村獣医科Vセンターと言い、
院長先生がトカゲと一緒にテレビに出たり、本を書いたりしていて、
一部では派手なイメージを持つ人がいるかもしれない。
ま、実際、病院の内装は先生の好みと思われる紫色が随所に使用され、
目の前のガレージにはランボルギーニが停まっているし、決して地味とは言いにくい。
でも、派手の何が悪い!
365日無休で働くスタッフ達はいつでも病院をピカピカ清潔に磨き上げ、
電話を掛ければ、コチラの苗字を言っただけで、 「あ、カノンちゃん。どうしましたー?」とくる。

院長の野村先生を筆頭にみんな本当に動物好きだ。動物バカだ。
これが当たり前であって欲しいが、そうじゃない場合も多々あるから悲しい。
誰だって我が子を子供嫌いの小児科に連れて行きたくはないでしょ?
それと同じ。
その上、毎回、診察にもじっくり時間を掛ける。
あんなに丁寧に診ていたんじゃ、待ち時間も長くなる。
来ている人はそれを知っているから、誰も文句は言わない。
手術以外は予約も取らず、来た人から皆平等に順番を待つ。何時間でも待つ。
その割には料金も決して高くはない。明瞭会計だ。

部長は我社に来た頃、ほとんど食べれず、長い間、血便が続き、
その為、明らかに同じ年頃の子達と比べ成長のスピードが遅かった。
最初は他の病院に通っていて、そこの先生もとても優しく、よく診てくれてはいたが、
一向に症状は改善せず、もしかすると難病かも…長くはないかも…と言われていた。
そんな状況の中、友人の薦めで野村獣医科に診てもらう事にしたのだった。

かくして、部長は現在7才。
長くはないかも…と言われていたのが嘘のようにすっかり元気で過ごしている。
野山でダニもつけるくらだ。
これも、先生やスタッフの根気強い診療のお陰だ。

ちなみに今回の治療も相当時間をかけて丁寧に診てくれたのに、
お薬も買ってくれたし、カノンちゃんは大人しかったし、
その上お母さんが押さえていてくれたので…という理由でお薬の代金しか掛からなかった。
あんなに先生が苦労したダニ取りの料金が入っていないのだ。
まったく、相変わらず、良心的だ。

8月にはすぐ近くに現在建設中のもっと設備もグレードアップした新病院へ移転する。
今まで以上に設備も勿論だが、その他(笑)も何だかすごそうだ。
部長が具合悪くなるのは困るけど、早く行ってみたいものだ。

まだまだ工事中の箇所も多いけど、HPもこれまたすごい。
何たって紫のバラがキービジュアルだ。ここまでは中々出来ないぞ。流石だ。
もう、アッパレだ!
http://www.nomura-v.com/


治療後、ニキビ後の毛穴のようになっていた部長の傷跡もほとんど目立たなくなり、
今は何事も無かったかのように引っくり返ってスヤスヤ寝ている。

2007/06/23

休日通信

先週末、朝起きると真夏日でとってもいいお天気。
このまま家にいるのは勿体無い。
あーだこーだ相談して「奥多摩で川遊び!」に決定。
無計画に来た割には何とか日帰りキャンプ場に到着。
  
おー、川だ!渓谷だ!イオン効果だー!!

まずは腹ごしらえだ。渓谷と言えばバーベキューだ!
ここは手ぶらで来ても食材やら全て揃っている。便利だ。
  
背後に川が流れるロケーションで頂く。締めは焼きソバ。1号ってば満面の笑みだ。

  
お腹が一杯になった所で、人がいない奥の方に陣取り、さあ、遊ぶぞー!

  
さすが水猟犬種の宣伝部長カノン号。相変わらず、水は平気だ。

  
でも、水に濡れるとだんだん情けない姿に…

  
1号、気持ち良さそうだなー…さ、そろそろ帰ろ。

  
帰り道、川の向こうに気持ちの良さそうなカフェ発見。
その名も「アースガーデン」。

  
ちょっとお茶でも…のつもりが、メニューにものすごーく身体に良さそうで
美味しそうなお食事が載っている。誘惑に負けてオーダー。
*野菜カレー/奥多摩産ターメリックを使用したスープカレー,サラダ付
*アースガーデンランチ/大丹波のマスのフライ(わさびピクルスのタルタルソース添え)
雑穀米ごはん,スープ,サラダ(生山葵をスリスリしてタルタルにプラス)
うーん、美味しい。

  
絶景のテラス席に移り、デザートの山葵のジェラートを頂く。
部長は絶景より、1号のスプーンから目が離せない。

  
温泉好きの1号はすでに近くに「もえぎの湯」という温泉がある事をチェック。
やっぱり今回も温泉に寄るのね。ま、いつもの事ですが…。
ここも渓谷沿いなのでやっぱり絶景。露天風呂からの眺めがこれだもの。


お風呂上りはお約束の畳でごろごろ。あー、楽しかったねー!
心も身体も自然に癒された休日でしたとさ。

2007/06/20

Real Madrid, campeon de Liga


やっと勝った。
長かった。

その気持ちを込めて…こちら>>

2007/06/14

修善寺出張

昨日はお昼前から修善寺出張。梅雨入り目前の猛暑の中、2時間半のドライブだ。
  
予定より少し早く着いたので、開創1200年に合わせ修復の終わった修禅寺に寄る。
そこで尼さん軍団に遭遇。失礼な言い方だが、本当に尼さん20人以上のまさに「軍団」だ。
その中のお一人に部長の名前を聞かれ、「カノンです。」と答えると、
口々に「カノン」「カノンちゃーん」と呼んでいる。「お手!」とまで言っている。尼さんが…。
宣伝部長は調子良く宣伝活動にいそしむが、尼さんに宣伝活動をして
我社のプラスになるんだろうか…。少なくともご利益はありそうだから、ま、いっか。
  
お参りを済ませ、暑さで参っている部長を無理やり橋の上でポーズをつけさせるワタシ。
部長、完全にバテている。

そろそろ約束の時間になったので、目的地「オーベルジュ・フェリス」に向かう。
以前にも書いたが、ここは我社が恵比寿にあった時に同じビルの1階にあった
スペインレストラン「Feliz」オーナー谷田部さんが昨年オープンしたオーベルジュだ。
そんなご縁もあって、このオーベルジュをオープンするにあたり、
ロゴ制作からからサイトの制作・更新に至るまでやらせてもらっている。
今回は久しぶりに取材を兼ねて今後の打ち合わせに来たのだ。
  
陽があるうちに1号イラさん自ら、外回りの撮影や物撮りをする。
暖かくなってからは珍しく、2階のレストランから富士山も綺麗に見えている。
何度見ても相変わらずの絶景にため息が出る。
  
部長は何の役にも立たないくせにやたらと映りこんでは邪魔をする。
そして、またバテている…。勝手だ。
  
その後、打ち合わせ。
4月に旅サラダに取り上げられた事もあり、ここの所ずっと満室だそうだ。
サイトのアクセス数もとんでもない事になっていた。 何よりだ。

お仕事も終わり、暗くならない内に帰路につく。
修善寺道路からの霊峰富士が素晴らしかった!

2007/06/10

リーガ・エスパニョーラ

残すところ2節となったリーガ・エスパニョーラ。
これまでの順位は以下の通り。

1位 レアルマドリード(勝ち点72)
2位 バルセロナ(勝ち点72)
*リーガのレギュレーションでは勝ち点が並んだ場合、
直接対決でのゴールアベレージで順位を決定
3位 セビージャ(勝ち点70)

レアルのみ残り2試合全勝で自力優勝が可能。
但し、1試合でも引き分けまたは負ければどうなるかわからない状況だ。

シーズンが始まった頃は、ここ3シーズン優勝から遠ざかっていたレアルが
再び優勝できるとはマドリディスタでさえ、信じ続けるのが難しかった。
そんな中、怪物ロナウドは去り、ベッカムも今期終了後アメリカ移籍を決めた。

しかし、シーズン後半にきて失われた自信や信頼を取り戻す為、
また遠ざかっていたタイトルへの渇望が決してあきらめない粘りへと変わり、
徐々に首位を守ってきたバルサとの勝ち点を縮め、
5月13日、実に2005年10月以来となる首位にたった。

それには移籍を決めた後、監督から戦力外通告を受けたにも関わらず、
腐る事無く、プロ精神で万全の準備をし続けたベッカムの貢献が大きかった事は、
誰もが認めるところだろう。

そして、、、昨夜、第37節が行われた。

レアルは最後の難関と言われた敵地ラ・ロマレーダ・スタジアムでサラゴサと対戦。
時同じくして、バルサはカンプノウでエスパニョールと、
セビージャもアウェイでマジョルカと対戦。

試合立ち上がり、これまで劇的な逆転劇を演じてきたレアルの選手達に
いよいよ「優勝」の文字が心に浮かび、闘志はあるものの動きは硬い。

対するサラゴサはホームでの引き分けを挟んで7連勝中。
この試合に勝ち、来季のUEFAカップ出場権獲得を決めるべく、挑んできている。

前半29分
電光掲示板にバルサ0-1エスパニョルというスコアが掲示された。

これでレアルの選手達も楽になるかと思われたが、
その直後、エルゲラのハンドによりサラゴサにPKの判定。
これをFWディエゴ・ミリートがきっちり決め、サラゴサに先制点。

サラゴサ 1-0 レアル

焦るレアルは立て続けに警告を受け、ロビーニョもシュートを決められず…。

そんな中、メッシのゴールでバルサが1-1の同点に追い付く。
セビーリャ対マジョルカは0-0。

同点に追いつくチャンスはあったものの、ゴールキーパー、セサルが
気合の入ったプレーで阻止。

1-0のまま後半に入り、カペッロ監督はエメルソンとラウルを下げイグアインとグティを投入。
しかし、その交代もすぐには機能せず、サラゴサ守備陣の前で効果的な攻撃が出来ないまま、
焦りの色が増していくレアル。

追い討ちをかけるように、バルサが再びメッシのゴールで2-1と勝ち越しに成功。

嫌な空気が流れる中、後半11分、セルヒオ・ラモスのセンタリングに
ファン・ニステルローイが飛び込み起死回生の同点弾!

サラゴサ 1-1 レアル

喜びもつかの間。このままでは終わらなかった…。

レアルの同点ゴールから7分後、アイマールがらしいドリブル突破で攻め上がり、
ディエゴ・ミリートが2点目となるゴールで、サラゴサが再びリード。

サラゴサ 2-1 レアル

65分、カペッロ監督はロビーニョに代えてレジェスを投入。

その後、なりふり構わず攻撃を続けるもセサルの好守もあり、
シュートが決められず時間だけが経過して行く…。

82分、この試合に怪我を押して出場したベッカムが痛めていた左足を負傷。
ピッチの外に出たが、すでに3人の交代枠を使い切り、交代は出来ない。
そのままベッカムはプレーを続行。

敗戦が濃厚と思われた後半44分に奇跡が起きた。

激しい肉弾戦でレジェスがピッチに倒れ込み、
こぼれ球を拾ったグティがロベルト・カルロスへスルーパス。
ロベルト・カルロスからパスを受けたイグアインがシュートを放つもセサルがまたもクリア。
両チームの選手が入り乱れるゴール前、リバウンドをファン・ニステルローイが押し込み
レアルが再び同点に追いついた。
しかし、この時点でピッチ上のレアルの選手達はバルサが勝っている以上、
同点に追いついたものの自力優勝は消えたと思っていた。

サラゴサ 2-2 レアル

奇跡はこれで終わりではなかった。
優勝に王手を掛けたかに思われたバルサが
土壇場でエスパニョールのタムードに同点弾を決められ、
2-2と引き分けに終わったのだ。
セビーリャ対マリョルカも0-0のまま試合終了。

首位陥落濃厚だったレアルは、ギリギリのところで首位の座を守り、
優勝の行方は最終節まで持ち越しとなった。

今はただただ苦しかったこの3シーズンを振り返り、
最終節を首位で迎えた事に興奮している。

そして、いよいよ来週日曜日は4年ぶりのタイトル奪還、通算30回目の優勝をかけ、
ホーム、サンティアゴ・ベルナベウでマジョルカと対戦する。

-----------------------------------------------------------------
ちなみにバルサがエスパニョールに1-1と追いついたメッシの同点ゴールは
先日の国王杯の5人抜き同様、再びマラドーナのプレーの再来と言わる神の手ゴールだった。

もし今節レアルが負けていれば、マドリディスタからの非難の的になったかと思われるが、
結局両者引き分けに終わり、非難の声より伝説の再来、歴史は繰り返されると言った見方の方が
多くなる事だろう。

詳しくはこちら。

2007/06/09

CLUBKING DELUXE 2

CLUBKING DELUXE
「表現の自由」を壁に張るからみんな好きにやってくれ2!
、、、という桑原茂一さん主催のイベントに1号イラさんと行ってきた。

今回の主な目的は、、、
飯野賢治(ゲームクリエイター)×西 健一(ゲームクリエイター)
このお二人の対談だ。

西さんは1号がキャラクターを描いたあるゲームのディレクターだ。
久しぶりにその時のスタッフだった女の子チームにも会えた!

飯野さんとは以前あるパーティーでお会いしたのだけど、
お会いする前から、飯野blogファンであった私は、
初対面の時から勝手に馴れ馴れしくしている。

お二人共と久しぶりにお会いできて嬉しかったなー。うふふ。

このイベント自体は「著作権法の非親告罪化-ヤバイっす!著作権法-」という
緊急トークも加わり、至って真面目な内容であるものの、難しい話だけではない。

中でも「羊(大堀こういち&小林顕作)」というお笑いフォークデュオ
(こんな表現で良いのかしら?)は面白かった。
今でも変な何語かわからないフレーズが耳について、ついつい歌ってしまう。
あー、お陰で眠れない夜に羊さんを数えても当分眠れそうに無い、、、。

2007/06/05

お呼ばれ

昨日は夕方前から1号イラさんの旧友で音楽を一緒にやっている仲間の
マコちゃんこと高橋誠宅にお呼ばれ。

何でもピザ用の石釜を購入したらしく、手作りピザを作ってくれるとの事。
元々お料理好きで凝り性のマコちゃんの事だから、それなりに期待はしていたものの、
いやーホントに美味しかったーー!!

1枚目よりも2枚目、2枚目よりも3枚目、、、と後になるほど、
温度が安定してきて、美味しくなる。
まわりはカリカリ、中はモチモチ、トッピングのチーズも変えたりして、
何だか椀子蕎麦のようにいくらでもパクパク食べれてしまう。

焼き上がる度に高橋家愛犬ハルコ嬢と我社の宣伝部長カノン号が
足元にお座りし、「端っこ、頂戴ワン」と見つめる。

奥さんのトモちゃんは「もう7日連続なのよー」って言ってたけど、
あれなら飽きるほど食べてもいいぞ。

でもってデザートは小売は1シーズン限定予約先着20名様限りの
滅多にお目にかかれない貴重なお取り寄せマンゴー!
これもまた薫り高く美味しいったら…。

何とも美味しい幸せな時間を過ごしたのでした。