2009/11/30

El clasico

房総と東京を行ったり来たりしているもののワタシの心はフットボールを忘れたわけではない。
ここの所はこういう暮らしをしているので、生ではなかなか試合を見れずにいるが、
今回の帰京はどうしてもはずせない「クラシコ」観戦のためでもあるのだ。

現在のリーガ順位はマドリー1位、勝ち点差1でバルサが2位につけている。
チャンピオンズリーグでもグループ首位につけているマドリーではあるが、結果以外は誰もが満足しているとは言い難いだろう。
内容的にはバルサが1000倍良いサッカーをしていると言われている。(ヨハン・クライフ氏談)
内容よりも結果が大事だという意見ももっともだが、マドリーやバルサ程のチームになれば、
両方とも求められるのが宿命なのだ。
だからこそ、マドリーは結果だけではなくバルサの様なフットボールを求められるし、
いくら内容が素晴らしいとは言え、バルサも結果を出さねばならないのだ。

昨シーズンのクラシコでは第1戦はカンプ・ノウでバルサが2-0で勝利。
サンチャゴ・ベルナベウでの第2戦は、アウエーのバルサが6-2で再び勝利。

これらの屈辱的な結果も踏まえ、膨大な金額をかけ大型補強を行い新監督を迎えたマドリーだが、
新たなチームにはまだ時間が必要とも言える。
しかしながら、ただの試合ではなくこれは「クラシコ」なのだ。
悠長な事は言っていられない。

うーーー、久しぶりの生試合。しかも「クラシコ」。
久しぶりに昨夜は死んだように寝て、体調も万全。
どーか、素晴らしい試合になりますように、、、。


追記
結果は1-0でバルサの勝利。あっという間に首位奪還。
内容はそんなに悪くはなかったが結果が…。
それにしてもイブラの決定力はすごいぞ。まったく。

2009/11/29

房総便り VOL.10

昨日の里山は晴れ。

里山暮らしに慣れてきた部長は家の前を冒険している。
ほんとんど車が通らないという事に気づいたようだ。

 

東京へ戻りがてら「養老渓谷」へ寄ってみる。
見頃は来週あたりかな。

 
 

メインの(たぶん)滝へは時間の都合で寄らず、「出世観音(養老山 立國寺)」へお参り。
最近、神頼みが多いような気がする我がイラテック(笑)

 
 

道中の「麻生亭」でランチ。「窯焼きパン 酪」さんの欧風レストランだ。
何の情報もなく全くの通りがかりだったのだが、お庭が広くて気持ちが良い。
千葉ではお腹が空いたからと言って、東京に居る時のようにすぐにお店が見つかるわけではない。
(場所にもよるかも知れないが…)
一つを逃すと次にいつお店があるかわからないのだ。
しばらく居るとそういう事も学ぶのだ。
それにしても房総に来てから、色んな所で色んな事をしている人がいるもんだ…とつくづく感心する。

 
  

房総ではお野菜やお魚が美味しいのでこういうお食事は久しぶり。
気持ちの良いお庭を見ながらのランチはこっくりと美味しく爽やかでした。

さあ、東京へ帰って「エレック唄の市2009」へ行こう!
「エレック唄の市2009」に関しては1号blogを参照下さい>>

2009/11/27

房総便り VOL.9

本日の里山は晴れときどき曇り。
お日様が出ている時はとても暖かく、雲に隠れると急に肌寒くなる。
今日はこれの繰り返し。つくづくお天道様の有難味が身にしみるのだ。

さて、今朝は勝浦の朝市へ行ってきた。
日本三大朝市(能登の輪島、飛騨の高山、千葉県の勝浦)だと言うから楽しみにしていたのだけど…。
能登出身のワタシとしては、輪島と並べちゃ輪島の皆さんに失礼だろっと言うほど寂しいものだった。
かつては賑わっていたのかも知れないが、今や数件だけが寂しく並び、活気もなけりゃ人もいない。
もっと町ぐるみで盛り上げないと無くなってしまうのも時間の問題とさえ思える。残念な事だ。
さっき、ニュースの特集で三浦の朝市が取り上げられていたが、比べ物にもならないほどにぎやかで盛り上がっていた。

 
後になって勝浦の朝市は週末はとても賑やかだという事を知った。(ワタシ達が行ったのは平日)
 

てな訳で、早々に朝市を切り上げ近くの漁港や海岸をお散歩。

明日は再び東京。
何やってんだか、、、と言うほど、行ったり来たりで落ち着かない。

今日の夕焼けも美しい。

2009/11/26

房総便り VOL.8

東京から里山に戻る前に1号が以前から行きたいと言っていた「川村記念美術館」へ寄る。
ま、寄ると言っても方向は同じ千葉県内と言えども全く違うが…。

  

庭園には大きな池があり、白鳥達が気持ち良さそうに泳いでいた。
手前にゴロゴロと転がっているのは増田洋美によるガラスのオブジェ。

今は「静寂と色彩 : 月光のアンフラマンス」という展覧会が開催中で、
マルセル・デュシャン、円山応挙、ターナーなど過去から現代にいたる様々な作品が展示されていた。
ホセ・マリア・シシリアの「日蝕(Eclipses)」という作品は蜜蝋を使った不思議な質感で1号ともども目を奪われた。
それらの作品に加え、美術館のコレクションからはピカソ、レンブラント、モネ、ルノワール、マティス、ジョルジュ・ブラック、
シャガール、フランク・ステラなどなど錚々たる作家の作品を見る事ができる。

この美術館は散策路もあったのだけど、外に出た時はすでに日が暮れていて今回は断念。
次回は桜の季節が美しいそうなので春にでも再訪しましょう。

2009/11/25

房総便り VOL.7

昨日は1号のお仕事で再び帰京。

アクアラインに向かう道中では「日本昔話」に出てきそうな風景をあちこちで見る事ができる。
里山てんこ盛りなのだ。

その里山暮らしで驚いた事。
ある日、滞在中の町の(村?)お知らせ放送で何やら言っているので耳を傾けてみると
「ハンターが鳥やシカ、イノシシなどの狩猟を行います。
野山に出かける時は、目立つ服装をするなど、事故防止に努めましょう。」と言っていた。
その後、山の方からときどきパーンという音が聞こえる。たぶん猟銃の音なのだろう。
狩猟区域がこんなにも身近なんだと実感する。
山に入る時は是非ハデハデで行こう。

そして毎日、朝7時(夏は6時らしいが)、正午、夕方5時の3回は時報の音楽が鳴り響く。
問答無用だ。

都会暮らしではあり得ない事が暮らしの中にある。

温暖な千葉の紅葉はこれからが本番。
明日にはまた里山に戻る予定なので、養老渓谷の紅葉でも見に行こう。

 
千葉の紅葉
 
青山の紅葉

外苑では銀杏が金色に輝き「いちょう祭り」開催中。
大型バスも停まり、老若男女カメラ片手にシャッターを切る。

 
  

今は山も都会もそれぞれに美しい季節です。

2009/11/23

房総便り VOL.6

午前中は晴れたり曇ったり。
午後からは気持ちの良いお天気になったので、ちょっと南の鴨川あたりまでドライブ。

 

ザ・観光地って感じだけど、連休の最終日の割には人が少なくて地元の人が砂浜でのんびり釣りをしている。
少し遅いけれど「キス」が釣れるそうで「持って帰ると家族の人が喜びますね」と言ったら、
「もう、いいからって言われるんだ」と苦笑していた。

 

カフェでケーキとお茶を頂き、夕焼けを見ながら帰って来た。

5時で真っ暗。里山ではすでに星が輝いていた。

2009/11/22

房総便り VOL.5

今日は「夷隅川生物多様性保全協議会の活動の一環として、河口部北岸で秋のビーチクリーンを行います。」と、
オーナーさんからのお誘いで我らも微力ながら参加。
お天気は曇りで結構寒かったが、部長は広い海岸にご満悦だ。

 
ワタシの足跡の横に小さな足跡をつけてついてくる部長

この後、オーナーさんのご自宅の近くに住んでいるコモエスタ八重樫さんのお宅にお邪魔した。
オーナーさんと八重樫さんは本当に目と鼻の先にお住まいでお付き合いがあったのだ。びっくり。
粋にクラブでDJをしていた伊達男が、現在は小津映画のようなお宅に住まう。面白い。
格好良い人は何をしても格好良いのだ。久しぶりにお会いできて嬉しかったな。

そして、有名な建築家の方が建てた斬新なオーナーさん宅にもお邪魔した。
柱のない面白いお宅でお庭も綺麗。素敵だ。
奥さまにお茶をご馳走になった後、大原漁港の中にある「漁師料理 船頭の台所」という所へ昼食に連れて行って下さった。
お店の横では釣りから帰ったばかりのお客さん達の本日の収穫、大漁のフグをバッサバッサとさばいていた。

 
お世話になっているオーナーご夫妻と1号
 
ワタシは「おすすめお刺身の盛り合わせ定食(1500円)」、1号は「フグの唐揚げ定食(1400円)」を注文。

漁港の中の漁師さんがやっているだけあって、お食事は安くて新鮮でとっても美味しい。
お昼から大満足でありました。オーナーご夫妻に感謝です!

一旦家に帰り、しばし休息の後、養老の滝方面の温泉へ。
あまりにワイルドな温泉なので写真は差し控えさせて頂きます(笑)

2009/11/21

房総便り VOL.4

今日の里山は良いお天気。
ポーチは日当たりが良くて朝のコーヒーを飲むには最高です。

 

午後は今日から3日間イベントを開催するという中滝アートビレッジ(旧中滝センター)へ。
以前房総に遊びに来た時にも立ち寄った中滝アートビレッジ内にあるカレー屋さん「プリムローズ」。
最初に会った時からなぜか親近感を勝手に持ってしまったオーナーのユミちゃん。とっても美人さんでカレーも美味しい。
ワタシ達の事を覚えていてくれて、これを機にお友達になりました!ウフフ。嬉しい。房総「初友達」なのだ。
プリムローズのポーチの前にある野外ステージでは今日明日とライブがあるそうです。

 
  
前回も頂いた自家製ジンジャーエール。優しいお味です。

その後、長生にあるパン屋さん「naya」に寄りました。
基礎以外はご自分達で作ったという素敵なお店。ナチュラルなんだけどシンプルでクール。
その辺に男性らしさが出ています。

 
 

閉店ギリギリに言った為、残念ながらパンは売り切れ。唯一残っていたナッツのタルトを購入。
美味しかったー!次回は是非早めに行ってパンを買おう!