2011/05/28

庭木-03

カラタネオガタマ(唐種招霊)

カラタネオガタマ(唐種招霊)というこの木は、「招霊」と言うだけあって神社などにも植えられ神事にも用いられたそうな…。

中国原産で中国名は「含笑花」。
なるほど。
可愛らしい小さな花は「ウフフ」と少し微笑んでいるようにも見え、ふんわりと甘い香りが辺りを包んでいる。

2011/05/25

庭木-02

シラン(紫蘭)


気品があって美しい

2011/05/24

庭木


イボタノキ


ベニバナヤマボウシ

どちらも、ここで暮らす前までは名前も知らなかった。
色々なお花が咲く度にこれ何…?とお隣さんに聞いたり、1号が調べてくれたりで
庭に植えられている木々の名前を知って行くのでした。

2011/05/18

その後のエル

毎朝、1号が起きるとすでに外で待っているエルちゃん。
1日中、庭や縁側、仕事部屋と自由気ままに過ごし、夜はどこかに寝に行っている。
 
松は爪とぎにぴったりらしい。
 
ネコは狭い所が好きとは知っていたが目の前で見るのは初めて。
 
部長とは本当に仲良し。よくじゃれている。

ネコの事は良くわからない。今までこんなに身近に居た事がないのだ。
親友が長年飼っているけど、遊びに行っても部長が一緒だと警戒して近づいて来ないから、いつも遠目に見ているだけ。
たまーに、近づいてきた時に撫で撫でさせてもらえるけど、触れ合うという程ではなかった。
エルは初日から何の躊躇もなくすり寄って来たけれど、慣れないワタシはどうして良いかわからない。
友達の家のネコ達は外に出ないからとっても綺麗だけど、エルは違う。
それもあって、ちょっぴり怖い気がして、あまり触れもしなかった。
1号は昔飼っていた事もあり、全然平気で初日から抱いたりしていた。
でも、毎日毎日見ている内に、部長とはまた違う可愛さがわかってきた。
連日トカゲを捕まえては虐待し、蝶々と戯れ、平和な顔して日向ぼっこ…と見ていて飽きない。
汚れているなら綺麗にしてあげれば良いし、そんなの大した事じゃないと思えるようになった。
そして、いつの間にか抱っこもできるようになっていた。

このままずっと居そうな気がする今日この頃…。

2011/05/17

何のお花?

答えは「春菊」です。
食べきれずに畑に残っていた「春菊」のお花が満開に咲いています。
真っ黄色のと白黄2色の2種類のお花です。
初めて見たけど、「春菊」のお花ってこんなに可愛らしいのです。

2011/05/03

1号の力作とエル

以前使っていたガーデンテーブルが痛んでしまってからは
アウトドア用の折りたたみテーブルがその代わりだった。
でもサイズは小さいし、ガタガタするし、早く新しいものが欲しかった。
外でのお食事が気持ち良くなってきた今日この頃、なんと1号が作ってくれた!
これなら、お食事も美味しそうに見えるし、ノートブックを持ち出してお仕事もできるぞ。
うーーん、素晴らしい出来映え。
早速、昨日は新しいテーブルでランチなのだ。
 
…と、そこに白いネコちゃん現る。
どこからともなく現れたそのネコは、ものすごく人懐こい。
飼いネコかと思うがちょっぴり汚れているので家猫ではなさそう。
部長ともまったく問題なくクンクンし合って挨拶をしているし、我等にはずっとそうであったかのようにすりすりとしてくる。
白いので「エル・ブランコ」と名付け、とりあえず「エル」と呼んでみる。
少し離れたところで遊んでいても、「エルー」と呼ぶと思いっきり駆け寄ってくる。
部長、1号と近所にお散歩に行く時に「エルも行く?」と一応聞いてみる。
ま、来ないだろうと思ったが、普通について来た。
国道を渡ったり山道を通ったりするコースだが、寄り道して遅れをとってもすぐに追いついて当たり前のように一緒に我が家まで帰って来た。
???
ネコってお散歩しましたっけ?
うーーーーん。わからん。
この子はいったい何者なんだ?
 
 
昨夜はどこかに行ってしまったので、やはりどこかにお家があって帰ったのかしら?と思ったが、
今朝も早くからお庭で待っていた。
にわか雨が降る今は、お外の屋根のあるテラスの下の段ボールの中で丸くなって寝ている。
このままずっと居るのかなあ?
どうしたら良いんだろうか?