2011/09/19

イラテック梨

ここ一宮町綱田地区は住民の半数以上が梨農家で、メインの通りも梨街道と名付けられている。
ま、街道と言っても梨農家以外は何もないのだが、梨の収穫時期になるとあちこちに梨販売の幟がはためき、
静かなこの通りが少しだけ活気づく。
かつては献上梨となったこともある地元の名産と言うだけあって、綱田の梨はとても美味しい。
我が家も一番仲良くしているお隣さんが梨農園を営んでいるので、昨年から梨の消費量が人生MAXだ。
しかも、毎日もぎたてを頂いているのだ。ああ、贅沢…。

日頃の親切のお礼にと、昨年から年間を通して梨作りを少しだけお手伝いしている。
肥料や藁を梳き込んでの土づくり、剪定、誘引、ビニール掛けやネット掛け、受粉、摘果、収穫などなど、
1年を通してほとんど休む暇なく、お仕事が続く。
正直、こんなに手間をかけていると思っていなかったので驚いた。
こうして丹精込めて育てている様子を目の当たりにすると、台風が近づくとまずお隣の梨の心配をするようになった。

今年に入って、お隣のお母さんが「これ、あなた達の木にしなさい。」と、我が家との境界に一番近い梨の木2本をくれた。
「は?」と我々。
「だから、この木はあげるから、勝手にもいで食べるなり、人にあげるなり好きにしなさい。」と…。
簡単に言ってくれるが、苗木から実がなるようになるまでどれだけの月日をかけて育ててきた事だろうか。
1本の木に大体200個ほどなるらしいので、2本で約400個ほどできる計算だ。
普通に売ればいくらになるのだろうか…。
それをくれるって、まあ、太っ腹と言うか、なんと言うか…。
そういう人達なんです、お隣さんは。
そして、収穫時期になり、豊水、あきづきと順に2種類の梨がたわわに実り、お言葉に甘えて毎日勝手にもいで頂いている。
もうこうなったら、梨を主食に生きていきます。


梨狩りのお客さんが間違ってもいでしまわないようにと
農園の一角に白いネットで隔離されたイラテック農園。

イラテック梨!


そして、今年もお隣のお母さんと一緒に大鍋いっぱいの梨ジャムを作った。
この梨ジャム、作り方はシンプルだけど、すごいのだ。
普通ジャムって、果実を煮込んで作るのがほとんどだと思うけど、
このジャムは皮をむいて芯を取った梨をジューサーにかけて、その果汁だけを煮詰めて作るのだ。
もちろん、お水、お砂糖などは一切入れず、使うのはこの絞った果汁のみ。
果実を使わないから普通のジャムよりずっと原材料の梨が必要となる。
梨農園でもやっていなければ、こんなに贅沢な使い方はちょっと出来ない。
今回も100個以上の梨を使った。
お母さんとおしゃべりしながら、皮をむいて、ジューサーにかけていく。
楽しいけれど、これだけの量の皮をむくのは一苦労。
その間にお父さんはかまどを出してきて薪の準備。
大鍋に溢れんばかりの絞った果汁を半分以下の量になるまで、こっくりと飴色になるまで煮詰めていく。
梨は本来淡白な味だからジャムにするには甘さが足りないと思われがちだけど、とんでもない。
そのままでも甘い綱田の梨はここまで煮詰めると、より一層甘く、芳醇な味になる。
パンにつけても、ヨーグルトに入れても美味しいのはもちろんだけど、お肉の漬けだれ等の調味料としてもとっても便利。
勝手にラベルも作ったりして、手作りの完全無添加、美味しいジャムの出来上がり。

2011/09/15

お祭り

毎年9月13日は一宮のお祭り「上総十二社祭り」、別名「上総はだか祭り」だ。
昨年から参加したので今年で2度目。
今年も、お隣でお祭りの御馳走をお呼ばれしてから、出発。
と言っても、ワタシはお神輿を担ぐ1号の追っかけみたいなモノなのだが。

お神輿は椎木玉前神社から出発し、地元の集落を通り、浅間神社下の集会所経由で海岸にある釣ヶ崎祭典場へ向かう。
そこで各神社から出発した9基(他に3基出ているので全部で12基)のお神輿が集結するのだ。
そして、再びそれぞれの神社へと帰って行く。
玉前神社のご祭神玉依姫(神武天皇の生母)とその一族の神々が年に一度「釣ヶ崎」の海岸で再会し、再び別れて行くのだ。

各地域のお神輿は形も違うが目印に色分けもされている。我が綱田地区は黄色だ。

各神社からぞくぞくと海に集結。


今年は東日本大震災の復興を祈願し、9基合わせてお神輿を空高く掲げた。




各神輿順番に釣ヶ崎の鳥居をダッシュで駆け抜ける。



神馬も駆け抜ける。

海岸を後にして、田園を通り神社へと向かう。



夕焼けが美しい。

普段は静かな商店街もこの日だけはにぎやかだ。


神社へと帰ってきた。


今年は社のまわりを5周(その年によって違うらしい、最高は20周以上とか)

皆ヘロヘロながらも走る、走る。

お疲れさまでした。

また、来年…。

2011/09/11

ヤギとホタルと部長

久しぶりにプリムローズへランチを食べに。
すると、びっくり。
我が社にもネコが増えたが、いつの間にやら「ヤギ」が増えている。
「八木」と表札のついた可愛らしい小屋まで出来ている。
どうやら、震災後の捨てヤギらしい(ってそんなもんあるのか??)。

ランチプレート

ヤギちゃんがいるだけで長閑さ200%だ

ヤギちゃんにとってムカエくんは完全にお父さんとなっており、体当たりで甘えている
 
来月にはこの森で結婚式をあげる素敵な2人とヤギちゃん
ホタルの里「山田」にオープンした「ホタルカフェ」。
春にホタルを見に来た時に建築中のここを見つけ、何だか可愛い建物を建てているなあ、、、と目にとまった。
その時は個人のお家かと思っていたが、後にカフェと判明。
通りすがりでは絶対に見つけられないこの立地。
それでも、どこからともなく情報が流れ、来る人が居るんだよね、、、わたし達もだけど、、、。


ブルーベリーのタルト

フロマージュブランのレアチーズケーキ

久しぶりに海岸をお散歩 部長、嬉しそう

2011/09/10

バジル

プランターと菜園にバジルを植えている。
菜園の方はミニトマトの横にコンパニオンプランツとして植えているが、プランターに比べると断然元気が良い。
直植えは株も大きく育って、勢いが違う。
ワサワサと豊作なのは嬉しいけれど、到底フレッシュでは食べきれない。
ジェノベーゼペースト(バジルソース)にすればギュッと小さくなって保存に最適。
これを作っておくとパッと大好きなジェノベーゼパスタなどが作れて便利なのだ。

2011/09/06

竹林

我が家の裏は竹林だ。
この物件を気に入った理由の一つがこの裏の竹林だった。

ワタシは以前からドライブ中にでも竹林があるとその都度感嘆し、
また蕎麦屋の店先に小さな竹が植えてあるだけでも羨ましがったぐらい竹が好きだった。
父と共に実家のある能登の山の方へ用事に行った時に一緒に見た竹林の美しさは、
今でも目に焼き付いており、生前の父との忘れ難い想い出となっている。

この竹林、引っ越した当初は手入れが行き届かず鬱蒼としていたが、
友人達に手伝ってもらって間引きをし、その後も1号が地道に手入れをし続け、
1年ですっかり美しくなった。
お陰で地面にも陽が当たるようになり、今年の春の筍は豊作だった。

我が家でこの竹林を一望出来るのがキッチンだ。
リフォーム前は暗くてどんよりしていたキッチンが、今では来る人、来る人に褒められる眺めの良いキッチンとなった。

リフォーム前、手前の部屋と奥の暗いキッチン

押入れや壁をぶち抜き一部屋に繋げた

窓もクリアガラスに替えて、光も風も通る明るいキッチンに

目の前にはこの家の御神木(?)の椎の木

1号と比べるとこの太さ

奥の竹林がまだ鬱蒼としていた頃

間引きしたり、倒れていた竹を片付け


冬まで乾燥させ、丸2日間かけて燃やした

随分すっきりして風も通り、陽も当たるようになった


雨が降ってしっとり濡れている緑も、木漏れ日がキラキラ輝く様子もどれも美しい。