2014/05/25

旬の頂き物

「お豆、とりにおいで」

お隣さんからお声がかかる。

この時期は、お隣のお母さんが梨園のお仕事の合間に横の菜園で作っているえんどう豆が真っ盛り。
ソラマメは初物。

「とりに」って言うのは、「取りに」じゃなくて、「採りに」って事だ。
他愛もないおしゃべりをしながら一緒にもいで、袋いっぱいに頂いた。



さっそく、お豆はジャコとゴマとともにお豆ご飯に。
ソラマメはちょっと茹で過ぎが残念だったけど、ビールのお供に美味しく頂きました。

移住してからずっと、こうして時折声をかけて、気にかけてくれる。
慣れない土地での生活も、こうした暖かい気遣いで随分助けられてきた。
本当に有難い事です。

2014/05/23

代官山 蚤の市

5月19日と20日の2日間、代官山T-SITEで「代官山 蚤の市」が開催され、
ドライフラワーをやっている姉のブランド「deuxR」も出店する事になり、お手伝いに行ってきました。

 

今回の初出店にあたり、「どうせなら皆で楽しんじゃおう!」って事で、
お友達のオーガニックの蜜蝋を扱う「FARADAY」さんと
パンと焼き菓子の「fumufumu+」さんをお誘いしての賑やかな出店です。
こういう所がいかにも姉らしい。

お天気にも恵まれ、、、どころか、猛暑と言っても良いほどの暑さの中、
不慣れな我等はディスプレイも終わらぬまま、開店の時刻となり、
有難い事に姉の生徒さんやお友達が途切れることなく次々と来て下さり、人が人を呼び、あっという間に行列に。
ハッと気づくと飲まず食わずで商品も売り切れ続出。

全体の雰囲気の写真なんて撮る間もなく、喉はカラッカラ、足は痛く、お顔も焼けて、
何だか悲惨な状況なんだけど、気分は最高!

普段はPCの前に座って一人でお仕事をしている私にとっては、
わーわー言いながら、お客様相手のお店屋さんは新鮮でホントに楽しい。

身内の私が言うのも何ですが、姉のドライフラワーは、シックでナチュラルでとてもステキ。
既存のドライフラワーのイメージとは全く違うのです。

今回は姉の考案した「アベイユフルール」(蜜蝋フラワー)も店頭に並び、
ホームページfacebookをご覧になった人が、「アベイユフルールはどれですか?」とそれをお目当てに来て下さった。
お陰さまで、花材もリースもアレンジもほとんど残らず、お買い上げ頂きました。

沢山のお友達に囲まれて笑う姉を横で見ながら、小学校の時からそうだった事を想い出す。
姉は兄のお嫁さんなのだが、私にとっては幼馴染だ。
幼稚園の頃から知っている。
ずっと変わらず、昔から人気者でいつもまわりに友達が大勢いてみんな笑っている。

 

 

 

4人で記念撮影


かくして、忙しい中でもみんなニコニコ楽しい1日でした。

次回は、11月だそうです。
私もお手伝いさせてもらいます。
今回の反省を踏まえて、もう少し余裕を持って、、、出来るかな?


********************************************
姉のブランド「deuxR」さんもですが、今回ご一緒したオーガニックの蜜蝋を扱う「FARADAY」さんと
パンと焼き菓子の「fumufumu+」さんのホームページや名刺などは私が制作させて頂きました。

環境の事に思いを馳せて、使命感を胸にオーガニックの蜜蝋を届ける祐子さん、
こだわり抜いた美しく美味しいお菓子やパンを作るフムちゃん。
お二人に出会えた事、とても嬉しく思っています。

お二人に、、、そして大切なお友達を紹介してくれた姉の裕美ちゃんにも改めて感謝です、、、。



2014/05/09

タケノコ


連日、筍づくし。

2014/05/08

紫蘭


お庭の紫蘭を父の花器で。

2014/05/01

牡丹

小さい頃のある日、いつものように母の花壇に遊びに行くと、
奥の方からただならぬオーラを感じた。

目をやると一輪の大きな花が咲いていた。
幼い私の顔よりも大きなその花は白くボワッと浮かび上がっていて、
まるで発光しているかのようだった。

その花壇には薔薇などの色々な花や木々が植わっていて綺麗だとは思っていたが、
それらの普段見ている花とは何だか気品というか気高さがまるで違って見えた。

この幻想的な花を初めて見た私は、興奮して母に知らせに行った。

「ママ!なんかすっごい大きな白いお花が咲いてる!!」

「ああ、牡丹が咲いたのね。」

いたって冷静に答える母だったが、
私には今でもその光景が目に浮かぶぐらい強烈な思い出となった。


時は流れ、今年も牡丹の季節になった。

房総へ引っ越してから近くに「牡丹園」なるものがある事を知り、毎年見に行っている。
ただこの時期は毎年忙しく、気が付くと牡丹はほとんど終わっていて、その後に咲く芍薬の満開の時期ばかりに行っていた。
芍薬も大好きなので、それでも十分満足なのだけど、今年は何が何でも牡丹が満開の時期に行きたかった。
そして、先週、念願かなって牡丹の満開の時期に行ってきました。
見事でした。